生クリームなし、バターなし、オーブンなし抹茶生チョコタルトの作り方

抹茶にコミットまっちゃえもん
抹茶にコミットまっちゃえもん

どこに行っても製菓材料手に入らなさ過ぎワロタ

いや、笑えない。

でもお菓子作って食べたいですよね?

でも今回ご紹介する抹茶生チョコタルトは、そんな状況でも大丈夫。

生クリームなし、バターなしで作れる抹茶生チョコタルトです。

材料もシンプルに4つでできます。

簡単に手に入る材料のみで作るので、ぜひ作ってみてください^^

抹茶生チョコタルトの材料

※15cmの底抜き型を使用しています

抹茶40g
太白ごま油145g
ホワイトチョコ240g
RITZ(他クッキーでも可)1Pack(45〜50g)

※抹茶を40g使用していますが、20gくらいまで減らしても大丈夫です。

抹茶生チョコタルトの作り方

抹茶生チョコタルトの作り方を画像→動画の順でご紹介していきます。

丁寧に解説していきますが、省略して作ることも可能です。

省略する作り方は後述します。

画像で見る抹茶生チョコタルトの手順

15cmの底の抜ける型をアルミホイルで覆います。※①

※流し入れたチョコが底から流れ出さないようにするためですが、しなくても大丈夫かと思います。ここでは念のためにご紹介しています。

ホワイトチョコ40gをボールに割って入れたら、太白ごま油を25g注いで湯せんで溶かします。
湯せんで溶かしたチョコの中に、RITZ 1Packを砕いて入れ、混ぜます。(荒めに砕いた食感が好きなので砕いて入れてます)※②

※ジップロックなどの袋に入れて粉々にしたものを加えても大丈夫です。また他のクッキーを使用していただいても大丈夫。個人的に塩気が欲しかったのでRITZを使用しています。

型にチョコとクッキーを混ぜたものを入れ、コップの底などでしっかりと敷き詰めて冷やしておきます。※特に角にしっかりと敷き込みましょう
ホワイトチョコ200gを細かく刻んでボールに入れます。
抹茶40gをチョコを刻んだボールに入れ、湯せんにかけて溶かしていきます。

※チョコを溶かしてから抹茶を加えた方がいいですが、一緒にしても溶かせます。

溶かし終わったら、太白ごま油120gを加えて混ぜ合わせます。
型にチョコを流し入れ、数cmの高さから落として中に入っている気泡を抜きます。また竹串などでそこ生地に当たらないようにかき混ぜて気泡を抜いてもいいです。そして冷蔵庫で最低でも3時間冷やしましょう。
冷やし終わったら、温めたタオルなどで側面を温めて型から抜きます。
包丁で切り分けます。切り分ける際、包丁は必ずお湯やコンロの火などで温めて切るようにしましょう。また、切った後についたチョコを拭き取ってから包丁は温めなおして切るようにしてください。
完成!!
【番外編】ホワイトチョコを削ると、よりおしゃれになります^^

動画で見る抹茶生チョコタルトの手順

省略して作る場合

省略して作る方法をご紹介します。

ホワイトチョコ全量を溶かし、太白ごま油全量と混ぜ合わせます。

そこから65gとり、砕いたクッキーと混ぜて型に敷き詰めて冷蔵庫へ。

残ったチョコと太白ごま油を溶かしたものを抹茶に少しずつ加え、完全に溶かし合わせます。必ず少しずつ抹茶へチョコを加えてください。ダマになる恐れがあります。

溶かしたチョコの方へ抹茶を入れるのではなく、抹茶の方へ少しずつチョコを入れるようにしてください(大事なことなので2回伝えました)

溶かし終わったら型に流し込み、冷やし固めて完成です^^

抹茶生チョコタルトの作り方まとめ

生チョコ部分は生クリームでも作ることは可能です。また、土台のクッキー部分もバターをとか仕入れても大丈夫。

今回ご紹介した太白ごま油を使用した生チョコの方が、生クリームを使用したものよりも表面がとても綺麗に仕上がります。

個人的には生クリームで作るものより、見た目も綺麗でサラサラした口どけでおすすめ!

ぜひ作ってみてください^^

抹茶にコミットまっちゃえもん
抹茶にコミットまっちゃえもん

SHAREしてくれると嬉しいやで!
作ったらTwitterやインスタで #まっちゃえもん ってつけてやー!

抹茶オレオクッキーミルクの作り方。ほろ苦で美味しい抹茶生チョコの作り方。分離を戻す方法と生クリームなしのレシピを紹介。簡単に真似できるおしゃれな生チョコだよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です