新千歳空港イシヤカフェパンケーキの作り方を抹茶バージョンで紹介。クリームが流れて模様が綺麗!!

Twitterでバズっていた北海道は新千歳空港にあるイシヤカフェさん(石屋製菓さんのカフェ)のパンケーキ。

型をとるとクリームが流れ、上に描かれていた模様が綺麗に見えるパンケーキの作り方を抹茶バージョンでご紹介します。

当記事では生地やソースに抹茶を使っています。

しかし生地から抹茶を抜いて薄力粉の量を増やすこと、上にかけるソースもラズベリーなどのソースに変更すると、イシヤカフェさんのパンケーキに近づけるかと思います。

イシヤカフェさんのパンケーキとは作り方と見た目が違うかと思います。

似たようなパンケーキの再現になりますのでご了承ください。

http://www.matchaemon.com/wp-content/uploads/2019/09/marunukiicon.jpg
まっちゃえもん

そんなに難しくないのでぜひ作ってみてください^^

材料と必要なもの

※1人前になります。

材料

※パンケーキ  
卵黄(Lサイズ) 1個
コーンスターチ
(薄力粉でも可)
15g
抹茶 6g
人肌に温めた豆乳
(牛乳でも可)
30g
卵白(Lサイズ) 1個
グラニュー糖 25g
生クリーム 80g
グラニュー糖 5g
サラダ油 小さじ1
※ソース  
抹茶 2g
ガムシロップ
(シロップでも代用可)
1個(約10g)

必要なもの

  • 大きめのボール 1個
  • 中くらいのボール 2個(できれば)
  • ホイッパー 1個
  • ハンドミキサー(なければホイッパーでも可)
  • ゴムベラ 1個
  • 9cmのセルクル型 2個
    (なければ1Lの牛乳パックを切ってアルミを巻いて使う)
  • クッキングシート
  • フライパン 1個
  • 厚さ0.2mmのプラ板(幅10cmで長さ35cm程度あればOK) 1個
  • 小さいボール 1個
  • 小さいホイッパー 1個
  • 竹串(爪楊枝でも可) 2本

新千歳空港のイシヤカフェのクリームが流れるパンケーキの作り方

卵を卵黄と卵白に分けて、卵白は冷凍庫へ入れる。
生クリームにグラニュー糖を入れて6分立て(ホイッパーですくって垂れて少し跡が残るくらいの固さ)にしたら一旦冷蔵庫へ入れておく。

抹茶にガムシロップを入れてダマがなくなるまで混ぜる(寒い場合はお湯を1〜2g入れると良いです)※①
クッキングシートの端を重ねないようにして折って、折り目から切ってコルネ(絞り袋を作る)
絞り袋にをコップの中に入れて立てかけて、①を入れておく

卵黄をホイッパーで混ぜて滑らかにしたら、人肌に温めた豆乳を入れながら混ぜる。※②
②に抹茶とコーンスターチを振るって入れ、ホイッパーで滑らかになるまで混ぜる。※③
プラ板を10cm幅で35cm程度の長さに切っておく

冷凍庫から卵白を取り出し、ハンドミキサーで白く泡立つまで混ぜる。白く泡立ってからグラニュー糖を2〜3回に分けて入れて混ぜてメレンゲを作る。※④
極弱火でフライパンを温め始める。
③の卵黄生地に④のメレンゲを1/4〜1/3加えてホイッパーでしっかりと混ぜる。※⑤
残りのメレンゲ④に⑤を全部入れてボールを回しながらゴムベラで底からかき混ぜる。※⑥
フライパンを濡らした布巾などに置いて熱をとる。
温めたフライパンにサラダ油を入れ、クッキングペーパーで全体的に伸ばす。セルクル型に油を塗る。
フライパンに水を垂らして、じわじわと沸騰してくるくらいになったらパンケーキの生地※⑥をセルクル型に流し込む。
水を小さじ1ほど入れて蓋をする。蓋をして3〜5分焼く。
1度裏面を覗いて、綺麗な焼き色がついていたら竹串などで、型と生地の間を1周して型から生地が離れるようにする。できたら裏返して焼く(3〜5分)
焼きあがったらお皿に重ねて盛り付けて、上がなるべく平らになるように軽く押さえる。
切ったプラ板でパンケーキを巻いてテープで端を止める(パンケーキとプラ板の間に隙間ができないようにキツめに巻く)※⑦
生クリームを冷蔵庫から取り出して固さを確認したら⑦のパンケーキに注ぐ※⑧
絞り袋に入れた抹茶ソースを⑧に1つの円につき2周ずつ描きながら絞る。
竹串の先端を3mmほど入れて、円の外から中心に向かって8方向からなぞる。この時、1回なぞる毎に竹串についた生クリームは拭き取ること。
パンケーキに巻いたプラ板をとったらクリームが流れ出てきて、完成!!

イシヤカフェパンケーキ、抹茶バージョンの作り方まとめ

抹茶を使ったイシヤカフェさんのパンケーキの作り方をご紹介してきました。

本家とは少し違うかと思います。

当記事ではパンケーキを2枚です。

しかし、もう1枚ほど1回り小さいパンケーキを置くか、中心にフルーツなんかを置いてからクリームを注ぐと中心から綺麗に模様ができるかと思います。

参考にして作ってみてくださいね!

ちなみにプレーン生地にする場合、生地に抹茶を入れないこと、コーンスターチor薄力粉を15gから20〜25gに変更すればプレーン生地を作れます!

http://www.matchaemon.com/wp-content/uploads/2019/09/marunukiicon.jpg
まっちゃえもん

クリームが流れる瞬間は見ものです。気持ち良いですよ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です